2006年05月02日

STARTの憂鬱(A-4スカイホーク)

skyhawk0502.gif
1996年夏のワンダーフェスティバル(以下WF)にてTriplenuts第1弾タイトルであるレジンキット1/144「A−4スカイホーク」が発売された。当時、会場を晴海から有明ビックサイトに移した最初のWFであり、いわゆる「エヴァバブル」の発端として記憶されている回である。

「A−4スカイホーク」の商品形態としては、手流しのオールレジンパーツに透明ポリエステル樹脂の透明キャノピー、プリンタ印刷のデカール(当時は白色印刷のできないMD−2000しかなかった)という構成。今から思うと原型の出来からトータルパッケージにいたるまで決して良い出来とはいえなかった。

で、結果は言わずもがなの惨敗でわずか6個しか売れなかった。もちろん激しく落ち込んだたらーっ(汗)

翌1997年冬のWFで、夏の売れ残りを持参して参加。売れることは期待せず、イベントを楽しむだけにしようと心に決めたが、なんとその日20個ものキットが
売れたのであるexclamation売れた理由については正直今だに不明ではあるものの、このことがTriplenutsが(ある意味地獄が)現在までが続く理由となっている。

「A−4スカイホーク」はその後何度か原型の改修、デカールやメタルパーツの付属など仕様を変更して販売を続けていたが、デメテルの「エリア88」シリーズ、そしてカフェレオの「ミリタリーエアクラフトシリーズVol.1」の発売により、その役目を静かに終えて絶版となった。現在わが家には原型と大破した完成見本が残るのみである。


posted by keeman at 16:08| Comment(1) | TrackBack(0) | トリプルナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

トリプルナッツって何?

トリプルナッツロゴ.gif
Triplenuts(トリプルナッツ)では、1/144の飛行機のガレージキットを製作、販売しています。とは言っても、会社としての体裁があるわけではなく、あくまで個人の趣味の延長として、同好の方々への頒布を目的とした活動です。

トリプルナッツの活動は1996年夏に開催された「ワンダーフェスティバル」から始まりました。まだ「ウィングクラブコレクション」シリーズはおろか、「ワールドタンクミュージアム」の企画すらなっていなかった頃で、1/144の飛行機のガレージキットなどただの弩マイナーアイテムでしかありませんでした。

それからまもなく10年。1/144飛行機モデルを取り巻く環境は大きく変わり、それにつれてトリプルナッツの活動も変化していきました。次回からはその活動の変遷を書いてゆこうと思っています(なんか、あんまり有益な情報にはなりそうにないなぁ…)
posted by keeman at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | トリプルナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする