2022年07月19日

WF2022Summer新製品情報

遅くなってしまいましたが7月24日のWFでの新製品を発表いたします。今回はレトロなイギリス機3種と、初の艦艇キットを新発売いたします。

1/144 S-100 シュネルボート ¥8,000
S-100 箱絵.jpg

今回は新企画!第二次世界大戦時のドイツ軍装甲魚雷艇を開発いたしました!
S-100は高速魚雷艇として開発された通称「Sボート」と呼ばれる艇の1種で、排水量は約112t、ブリッジを装甲で覆い船首に2門の魚雷発射管を持ちます。対空、対艦用の兵装として20mm機関砲(単砲身と連装の2基)と37mm砲を備え、40ノット以上の高速性を生かして通商破壊作戦を行いました。ボートといっても全長は約35mあり、1/144としても25cm近くあります。高速艇らしいスマートな船体に砲台3機に魚雷や機雷を搭載した姿は迫力があり、飛行機と比べてボリュームも大きい上に、甲板上の艤装によって密度感の高い仕上がりとなりました。ドイツレベルからは1/144のU-ボートやZ級駆逐艦も発売されていますので、それらと並べるといった楽しみ方もできると思います。ただ、手すりや細かいパーツは飛行機よりも多いため組み立て難易度はかなり高くなっております。

1/144 デ・ハビランド シーヴィクセン FAW.2 ¥3,500
SEAVIXEN 箱絵.jpg

元々イギリス空軍機として1950年代に開発された全天候型戦闘機。墜落事故により空軍では契約がキャンセルされましたがその後海軍によって採用され、艦上戦闘機として導入されることになりました。左右のテイルブームに水平尾翼を配置するという機体デザインは、機体サイズを大きくしても重量を減らすことができるという利点から採用されたもので、当時のエンジン出力の低さをカバーする手法の一つとして採用されたものです。また、パイロットを左に、レーダー手を右に配置し、それぞれキャノピーの形が違うという左右非対称な形状を採用したため、非常に個性的な見た目となっています。キットは後期型であるFAW.2を再現。ファイストリークミサイル4発を翼下に取り付けることができます。

1/144 スーパーマリン スイフト FR.5 ¥3,200

SWIFT 箱絵.jpg

1954年から就役したイギリス空軍の迎撃戦闘機。後退翼と流麗な機体で当時の速度記録を更新するなどで期待を集めましたが、事故が相次いだことと改良型が空軍が求める性能に達しなかったことが理由で当初の予定よりも生産数は大幅に削減され、短期間で同年代の戦闘機であるホーカーハンターにとって代わられることとなりました。結果的には残念な機体と言われるようにはなりましたが、複雑なラインを描く主翼前縁など、当時の戦闘機としては先進的なフォルムを持つ同機は今の目から見ても魅力的です。キットはその機体形状ゆえに少ないパーツ数で納めることができましたので組みやすいものとなりました。兵装としてロケット弾16発を翼下にフル装備できるようにしましたが、同機の写真でフル装備しているものはほとんど見られず、実際にはあまり装備されなかったのではないかと思います。

1/144 グロスター ミーティア F.8 ¥3,200
METEOR 箱絵.jpg

イギリス初の実用ジェット戦闘機として有名なミーティア。機体設計自体はそれほど斬新なものではなく、高性能とは言えない機体ではありましたが、多くの改良型のバリエーションが造られた結果、信頼性において高い評価を受けることとなりました。ミーティアF.8は後期型で、与圧コクピット、バブル型キャノピー胴体後部の延長など前期型とは大きく変化しています。食玩にて初期型のミーティアはかつて発売されておりましたので、今回は後期型を制作いたしました。バブルキャノピー化や胴体延長がなされているため、初期型よりも精悍なイメージとなっています。翼下には燃料タンクかロケット弾8発を選択して装備させることができます。また、今回のスペシャルギミックとしてエンジン上部の外板を別パーツとし、内部のエンジンを再現してみました。


ブース番号は6-17-09となります。皆様のお越しをお待ちしております!
posted by keeman at 00:22| Comment(3) | TrackBack(0) | トリプルナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去作品の再販はありますか? 前回のA-7ファミリーを入手したいのですが。
Posted by BLACK at 2022年07月19日 22:24
>BLACKさん
A-7ファミリー、全種用意しております。よろしくお願いします。
Posted by keeman at 2022年07月23日 20:15
返信ありがとうございます。が、大変申し訳ないことに、身内が陽性反応出てしまいまして、結局WFには参加できずです。また半年待ちます。お騒がせしました。
Posted by BLACK at 2022年07月24日 15:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック