2019年07月22日

WonderFestival2019Summer新製品情報

1/28(日)のワンダーフェスティバル2019Summerの新製品についてお知らせいたします。

1/144 ダッソー ミラージュF.1C/CE/CT/CR(単座型) ¥3,000
mirageF1_S.jpg
1/144 ダッソー ミラージュF.1B/BE(複座型) ¥3,000
mirageF1_T.jpg
デルタ翼で知られるミラージュシリーズの中で唯一制式化されたデルタ翼ではないミラージュ戦闘機です。後退主翼と水平尾翼を採用した理由はSTOL性向上のためで、もともと艦上戦闘機としての採用を狙ったものだそうですが、結果的にフランス海軍には採用はされませんでした。本機登場数年後に画期的な小型戦闘機であるF-16が登場したため、セールス的にはミラージュVの半分程度という結果になってしまいましたが、それでもフランス空軍を含め13か国で採用され、多くが実戦を経験しました。「3Dプリモデル光」で使用している3Dプリンタの制作にもだいぶ慣れてきたこともあり、より価格を抑えることに成功しました。このサイズの小型戦闘機ならば、今後も価格を抑えることができそうです。

1/144 ダッソー ミラージュV V ¥3,500
mirage3V.jpg
VTOL航空機の実用化に向けた開発が各国で盛んだった頃、フランスでもVTOL戦闘機の開発を積極的に進めていました。ミラージュV Vは離着陸用のリフトエンジン8基を胴体に内蔵した試作機です。垂直離陸から水平飛行への移行に成功するなど、当時は一番実用化に近いとも言われていたのですが、開発及び運用にコストがかかりすぎると予想されたこと、墜落事故によりパイロットが死亡したことにより計画は中止となりました。当時の電子技術では同時に制御しきるのは難かったであろう8基のリフトエンジンは、燃料を大量に消費すると同時に水平飛行中にはデッドウエイトとなるからそもそも成功しない、という現在の目線からなら簡単に否定できる事柄も、当時としては試行錯誤を繰り返すしかなかったことを窺わせます。ミラージュVをベースに、とはいうものの胴体はかなり長く、リフトエンジンを搭載するため太くなっており、意外と迫力のある形状で、架空の実践機風塗装にしてみるのも面白そうです。

1/144 ダッソー ミラージュ4000 ¥3,800
mirage4000.jpg
ダッソー社が自費で開発した大型のデルタ翼戦闘機。当時はF-15やF-14などの大型戦闘機をアメリカが各国にセールス中であり、大型戦闘機の需要があると判断されたため、ミラージュ2000を拡大/双発化したミラージュ4000(開発当初はマキシ・ミラージュ)を開発しました。しかしながら、本国フランスで採用されなかったため輸出型のセールスも振るわず、量産化はされずに終わってしまいました。結果的にはミラージュ4000の性能がどうとかいう以前に、当時はF-16という画期的な小型戦闘機に注目が集まっており、各国ともに予算の縮減も行われていたため大型の戦闘機にあまり興味がなかったというのが実際のところ(F-15も結局金銭的な余裕がある国にしか売れなかった)だった様に思います。キットは試作機の2種のデカールが付属しています。ガンダム的なトリコロールカラーですが、フランス国旗のカラーイメージなのでこちらが元祖、ミラージュ2000やラファールでも同様のモチーフのカラーリングがあります。

WFでの宅番号は7-39-01です。よろしくお願いします。


posted by keeman at 20:03| Comment(0) | トリプルナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: