2017年02月10日

ワンダーフェスティバル2017Winter新製品情報

来たる2/19(日)に開催されるワンダーフェスティバル2017Winterに出品予定のTriplenuts新製品情報をお知らせいたします。
今回のテーマは「U.S.NAVY'S Retro Fighter」です。Triplents初のリメイクであるF11Fタイガーを始め、ファントムU登場以前の
アメリカ海軍戦闘機が登場します。

1/144 グラマンF11F-1タイガー ¥3,900
1/144 グラマンF11F-1タイガー”ブルーエンジェルス” ¥3,900
F11F箱絵21.jpg
F11F箱絵BA.jpg
Triplenutsのレジンキット5作目の「F11F-1タイガー」がフル3Dプリモデル仕様の「TriplenutsClassics」第1弾として登場です。
もちろんCADにて一からリメイクいたしましたので、プロポーション、ディテール共にレジンキット時代から大幅に進化しております。
ラインナップは通常の部隊配備塗装とブルーエンジェルスバージョンの2種類をご用意いたしました。部隊配備塗装バージョンは旧キットの
VF-21マッハバスターズに加え、VF-33ターシアーズのデカールが新たにセットされています。

1/144 ダグラスF4Dスカイレイ ¥4,500
F4D箱絵.jpg
無尾翼デルタの艦上戦闘機。1951年に初飛行した機体にも関わらず、斬新で未来的なスタイリングとなっています。性能自体は悪くなかったのですが、航続距離の短さや全天候性能の欠如により10年程度で運用を終了しています。その後、本機を大幅グレードアップしたF5Dが試作されたものの、採用されることはありませんでした。キットは機体本体に翼下燃料タンク2本と初期型サイドワインダー2発がセットされています。デカールはVFAW-3等派手なものをチョイスしましたので、その形状を含め、コレクションとして見映えのよいものとなりました。

1/144 マクダネルF3H-2デモン ¥4,800
F3H箱絵.jpg
全天候型戦闘機であり、米海軍初のレーダー誘導ミサイルを搭載機でもあるデモン。しかしながら、運用初期にはエンジントラブルによる事故が相次いだため、悪評が付きまとう結果となってしまいました。後にエンジンをJ71に換装後は性能も安定し、F-8クルセイダーの部隊配備が開始されてからも、約7年の間運用が続けれられました。後の傑作機F-4ファントムUは、デモンの設計を発展させて開発されたことはよく知られています。キットは機体本体に、胴体下燃料タンク2本がセットされています。スパローミサイルについては、プラキットなどからの流用がたやすいと考えてオミットしています。

1/144 ダグラスF3D-Q(EF-10B)スカイナイト ¥4,600
F3D箱絵.jpg
直線翼に並列複座コクピットと、およそジェット戦闘機らしくないレイアウトですが、当時の艦上戦闘機の一番の任務は大型爆撃機から母艦を守ることだったこと、そのためにはまだ小型化されていない全天候レーダーとそれを操作するレーダー操作要員を乗せる必要だったため、このような設計になったと言われています。朝鮮戦争で夜間とはいえMig-15を撃墜したという記録も残っているので、やはり見かけだけで判断できないというところでしょうか。ボリューム的にはデモンよりも大きく見える同機ですが、シンプルな形状ゆえか材料体積が小さく、デモンよりもわずかに安い価格となりました。

飛行機に加え、1/12アームズシリーズにも新作が登場です。

1/12 UZIサブマシンガン ¥900
uzi箱絵.jpg
イスラエル製の短機関銃(サブマシンガン)。1951年の開発と、かなり昔の設計ではあるものの、30ヶ国以上の軍や警察で採用され、現在でも一部は現役で使用されているとも言われるロングセラーです。映画やゲームなどの(レプリカを含め)出演回数も多く、UZIを小型化したミニーウージーやウージーピストルを両手にもって乱射しまくるヒロインなんて画をご記憶の方も多いのではないでしょうか?キットは銃本体が一体成型で組み立ては必要なく、ストック(畳んだ状態か展開状態かの選択式)とマガジン(予備を含め3本付属)を取り付けるだけで完成します。


今回の新製品(F11F含む)についてですが、昨年7月下旬にプリントセンターが一昨年に引き続き大幅な値上げを行ったため、商品価格が上昇してしまい、それにつれて生産個数をさらに削減することといたしました。初回生産分以降の再販についても、現時点ではお約束できない状態ですので、ご購入を強くご希望の方は、今回WFでのご購入をお勧めいたします。そんな状況ではありますが、Triplentus的には今回通算51機種目(航空機キットのみ、デカール違い、サブタイプは除く)を開発することができました。一重に応援していただきました皆様のおかげです。そのご厚情に感謝しつつ、これからも開発を続けるつもりですので、今後とよろしくお願い申し上げます。
posted by keeman at 15:53| Comment(0) | トリプルナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: