2013年02月05日

ワンダーフェスティバル2013 Winter 新製品情報(その1)

まもなく開催されるワンダーフェスティバル2013冬の新製品について告知させていただきます!
1/144 Mig-29A ”フルクラム−A” 3Dプリモデルキット WF特別価格 \3,600info_Mig29A.jpg

1/144 Mig-29UB ”フルクラム−UB” 3Dプリモデルキット WF特別価格 \3,600info_Mig29UB.jpg
Triplenutsのキットとしては初の「現役のインジェクションキットが存在する機体」の製品化となります。
Mig-29Aのインジェクションキットは、ツクダ製のキットを発祥として、アカデミー、ドイツレベル、アオシマから同プロポーション、パーツ構成のもの(金型が同一のものなのかは不明ですが)が発売されていました。また、ドラゴンからも発売されていて、ツクダ版よりっもプロポーション的には実機に近くなっていましたが、どちらのキットもまだ情報が少ない時代のキットだったため、細部や写真などでは確認しにくい部分のディテールが想像で作られている部分が多く、それをフォローするにはかなりの労力が必要なキットとなっていました。

現在では、Mig-29の資料が多く出回っていることもあり、プロポーション、細部ともに既存キットを超えるもとなるべく設計を行い、その目標は達成できたと思っています。3Dプリモデル特有の工作時の手間はかかりますが、既存キットのプロポーションを修整し、ディテールを追加するという作業よりに比べればかなり楽に完成に持っていけると思います。

また、複座型のUB(こちらはインジェクションが存在しません)も用意しましたので、まずは複座型で出来を確認!、という考え方もアリだと思います。

また、今回はデカールをシルクスクリーンにて発注しました。国内の業者様にお願いしたのですが、発色のよさやニスの余白の少なさ共に、想像以上のクオリティとなりました。

ただ、残念なことに、今回価格はこれ以上抑えることができませんでした。全長、全幅は前作T-38より少し大きいだけなのですが、形状が複雑でボリュームが大きいため、その分材料費が高くついてしまったことと、折からの円安の影響を受けてしまったのが主な原因です。今回は原価ぎりぎりとすることでこの価格までに抑えましたが、この初回ロットが売り切れた場合、少なくともこのままの仕様では再生産はできないと思います(円高になれば可能性はありますが、現状では予測できません)。ということなので、フルプリモデル版をご希望の方はできるだけ今回のWFでのご購入をお勧めいたします。

新製品情報は明日以降も続きます。お楽しみに!
posted by keeman at 18:44| Comment(0) | トリプルナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: