2020年01月27日

WoderFestival 2020 Winter 新製品情報

来る2/9のワンダーフェスティバルの新製品についてお知らせいたします。
今回は、中国人民解放空軍の今昔をテーマに、旧世代機と新世代機をラインナップしました。

殲撃10A型(J-10A) ¥3,500
J10Apub-thumbnail2[2].jpg
TriplenutsClassicsシリーズとしてJ-10が3Dプリモデル光成形にて登場します。J-10の初飛行は1998年とされていますので、中国空軍の比較的新しい機体とはいえすでに20年以上が経過しているのですね。レジン版の初売が2008年の冬ですのでこちらも12年越しのリニューアルとなります。機体はデルタ+カナードという流行の構成で、それまでの中国軍戦闘機とは一線を画す流麗なフォルムで人気があります。エンジンもSu-27で使用されている系統のものを使用している為、小型で単発ながら高い推力を持っています。今回、レジンキット時代には付属させられなかかったミサイルや爆弾などの武装も付属しています。

殲撃10B型(J-10B) ¥3,500
J10Bpub.jpg
レジンキット時代にはまだ存在が確認されていなかった改良型のJ-10です。DSI呼ばれるインテイク形状に変更されているほか、機首や垂直尾翼、ベントラルフィンなどの形状がA型と形状が異なります。

殲撃10S型(J-10S) ¥3,500
J10Spub.jpg
J-10Aの複座型。複座である以外は基本A型に準じたものです。デカールに派手なデモンストレーター用を追加していますが、複雑なラインのデカールは付属しておりませんので塗装で再現していただくことになります。

強撃5型(Q-5) ¥3,200
Q5pub.jpg
ソ連のMig-19をベースに新造された攻撃機。1966年に初飛行となっていますが、Mig-19自体が1955年に初飛行ということなので基本的にはかなりレトロな設計(アメリカでいえばF-100ぐらい)の航空機です。Mig-19の機首インテイクを機体左右に分割し、ノーズコーンを設けた形状で、機体後半はMig-19とほぼ同じ形状ながら全体の印象はだいぶ異なっています。もともと、戦闘機としての能力を向上させるために改造したはずなのですが、結果的に空対空レーダーは装備されず、攻撃機として運用されました。量産化された時点ですでに旧式機ではあったのですが、他に代替する機体もなかった中国では40年以上生産と改良が続けられていたようです。Mig-19自体は簡易インジェクションキットが発売されていますが、さすがに強撃5型はキット化されないだろうということでチャレンジしてみました。鋭い角度の後退翼とノーズコーンとがあいまって、レトロながらなかなか粋なスタイルの機体ですね。

瀋陽J-31 ¥3,800
J31pub.jpg
中国空軍の最新鋭戦闘機です。とはいえ現時点でも量産型は存在しておらず、実際には輸出用のFC-31のみが生産され、FC-1と同様に中国空軍では採用を前提としていないそうです。見た目通りステルス戦闘機として開発され、その形状からF-35のデータを盗用しているとも噂される同機ですが、まあ現時点で知られている外形的なステルス技術を採用すれば、どの機体も似たような形状になっていくのでしょう。そういう意味では先行して開発されたJ-20は比較的個性的と言えるかも知れませんね。Triplenutsでステルス機のキットを開発するのは初めてでしたが、F-35などと比べてもシンプルなスタイルで、それほど苦労することはありませんでした。エンジンがMig-29と同系統であるのは知っていましたが、ビーバーテイルや水平尾翼が付くブーム回りもMig-29に似通っていることを開発中に気づきました。それ以外の部分は全く似ていないので「ステルス化したMig-29」みたいな印象にはなりませんでしたが。兵装ベイは閉じた状態を開いた状態が選択でき、中に空対空ミサイルも取り付けられます。

卓番号は7-43-06です。よろしくお願いします!
続きを読む
posted by keeman at 18:28| Comment(0) | トリプルナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。